県美協 県美展

大分県美術協会 大分県美術展(画像提供:森晴繁氏)

HOME > 組織 > 日洋彫工部会

日洋彫工部会(日本画・洋画・彫刻・工芸)

 日本画・洋画・彫刻・工芸の部門は、1946(昭和21)年に大分県美術協会として創立され、当時は日・洋・彫工の3部制でした。

 1965(昭和40)年に書道・写真と統合され、新美術協会が発足しました。この年、第1回大分県美術展を開催し、第1回大分県芸術祭に参加しました。
 現在は日本画部・洋画部・彫刻部・工芸部の4部が、合同で会の運営にあたっており、約700名の会員を擁しています。

DSC00261.jpg

 日洋彫工部会は独自のホームページを持ち、2009年春季展以降の県美展について受賞作品の画像を掲載していましたが、現在は都合により休止しています。